So-net無料ブログ作成

ブルーレイ「家 ―HDリマスター版―」が届いたので記念写真--カレン・ブラック/オリヴァー・リード/ベティ・デイヴィス/監督・脚本・製作:ダン・カーティス[BD][Blu-ray] [物欲記念写真]


家 ―HDリマスター版― [Blu-ray]」が届いたので記念写真。※リンクはAmazon

↓ジャケオモテ。屋敷の遠景に赤字で「家」って書いてある日本公開時のポスターのイメージが強いので、ちょっと新鮮。ていうか、なぜか「ミステリー・ゾーン」を連想(笑)
2019-05-09-BURNT_OFFERINGS_BD-1.JPG

↓ジャケウラ。
2019-05-09-BURNT_OFFERINGS_BD-2.JPG

↓レーベルとリーフレットほか。
2019-05-09-BURNT_OFFERINGS_BD-3.JPG

結構長いこと吹替音源が募集されていて「吹替は入れてもらえるかなぁ??」と心配だったけど、無事収録出来たみたい。
リーフレットをみたところ、結局、提供者さんはお一人だった模様。感謝!

<収録特典>
・カーティス監督&女優K・ブラック&脚本家による音声解説
・ウィリアム・ノーラン<脚本>インタビュー(13m22s)
・リー・ハーコート・モンゴメリー<デヴィッド役>インタビュー(16m31s)
・アンソニー・ジェームズ<運転手役>インタビュー(17m34s)
・劇場予告編(2m30s)
・フォトギャラリー(4m12s) ※BGM有りのスライドショー

<BURNT OFFERINGS (1976) trailer>


ちなみに、「家」といえば、2017年に放送された木皿泉脚本・Perfume主演の「パンセ」というドラマの設定が、この「家」にそっくりということを忘れそうなのでここにもメモる。
「パンセ」はまだDVDやBD出てないのかと探してみたけど、やっぱ出てなくてNetflixでの配信のみとなっている模様。木皿脚本でPerfume主演なのにパッケージソフト出てないとは。

<Perfumeがドラマ初主演!『パンセ』独占配信中>






・ブルーレイ/DVDソフト フォトレビュー記事リンク集
 (https://catalina.blog.so-net.ne.jp/2017-04-27
・録画地獄:[ブルーレイ新譜]カテゴリー
 (https://catalina.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300364182-1


共通テーマ:テレビ

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」は明日5/10夜 WOWOWシネマで--榮倉奈々/安田顕/大谷亮平/野々すみ花/浅野和之/品川徹/螢雪次朗 [映画]


「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」はWOWOWシネマで明日5/10放送。
https://www.wowow.co.jp/detail/114064
榮倉奈々と安田顕がダブル主演を務めたハートウオーミングコメディ。家で“死んだふり”をする年下の妻に翻弄される、そんな夫の困惑を優しい視点から描き上げた。

サラリーマンのじゅんが職場から帰宅すると、妻のちえがTシャツを血まみれにして倒れていた。慌てて彼女のそばに駆け寄るじゅんだったが、彼女は“死んだふり”をしていただけだった。さらに翌日からちえは手を変え品を変え、“死んだふり”を続けていくように。エスカレートしていくちえの姿に戸惑いを隠せないじゅんは、同僚の佐野に相談するが、そんな佐野はじゅんとちえを誘い、自分の妻の由美子を交えた食事会を開き……。

ということで、ワニに頭をかじられているビジュアルが印象的な「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」がWOWOWに。



放送は明日2019.5/10 21:00~23:00 WOWOWシネマで。

現在予定されているリピート放送は、下記のスケジュールで。
5/13 20:00~ WOWOWプライム
5/20 15:00~ WOWOWシネマ
6/14 14:45~ WOWOWシネマ


原作:(作)K.Kajunsky、(漫画)ichida
脚本:坪田文
監督:李闘士男
音楽:安達練
主題歌:チャントモンチー
出演:榮倉奈々、安田顕、大谷亮平、野々すみ花、浅野和之、品川徹、螢雪次朗


<【予告編】『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』>

未見。
この予告と、チャットモンチー「I Laugh You」のPVで死んだふりのバリエーションはほとんど見ちゃってる気がするけど、お話の部分はほぼ予備知識入れてないと思うので、このままの状態で観ることにする。





このほか、2019年5月の気になる番組はこちら↓
・2019年5月の地上波とBSデジタルの気になる番組をチェック
 (https://catalina.blog.so-net.ne.jp/2019-04-26-5


共通テーマ:テレビ