So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

新シリーズ--日曜劇場「下町ロケット」は明日10/14夜 TBSでスタート--阿部寛/土屋太鳳/竹内涼真/安田顕/イモトアヤコ/真矢ミキ [ドラマ]


日曜劇場「下町ロケット」はTBSで明日10/14スタート。
http://www.tbs.co.jp/shitamachi_rocket/
10月14日(日)よる9時スタート!! 日曜劇場『下町ロケット』
原作・池井戸 潤 × 主演・阿部 寛のタッグ再び!
前作から3年、待望の新シリーズがドラマ化
すべての働く人たちに捧ぐ情熱と感動のエンターテインメント巨編が帰ってくる!
宇宙(そら)から大地へ。佃製作所の新たな戦いの幕が上がる。


元宇宙科学開発機構の研究員で、ロケットの打ち上げ失敗の責任をとって辞職し、現在は父親が遺した下町の工場「佃製作所」で経営者として第二の人生を送っている 佃航平(阿部寛)。一度はあきらめかけた佃の夢であったロケット製造を、自社が開発したバルブシステムを使用し、日本を代表する大企業・帝国重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」により実現するなど、順調な佃製作所だったが…。
 ある日、帝国重工の社長交代により、スターダスト計画は次回で終わるかもしれない――と帝国重工宇宙航空開発部部長の 財前(吉川晃司) から告げられ、佃はショックを受ける。ロケット製造に関わることは佃の夢であるとともに、今や「ロケット品質」を掲げる佃製作所社員たちの精神的支柱にもなっていたのだ。
 そこへ追いうちをかけるように、大口取引先の農機具メーカーから小型エンジンの取引削減を告げられる。性能よりもコスト重視という考えに、技術力が売りの佃製作所は存在意義が揺らぎ始め、佃は強い危機感を抱く。
 そんな中、佃製作所の経理部長・殿村(立川談春)の父親が倒れる。殿村の実家は三百年続く農家。父親の看病と畑仕事の手伝いに、週末ごとに帰省する殿村を見舞う佃と 山崎(安田顕)。トラクターを運転する殿村をじっと見て、佃はあることに気づく。それは、佃の中に新たな夢が生まれた、瞬間だった──。

ということで、池井戸潤原作、TBS版「下町ロケット」の続編がスタート。


第1話の放送は明日2018.10/14 21:00~22:19 TBSで。
※通常枠は日曜日 21:00~21:54。

プロデューサー:伊與田英徳、峠田 浩
原作:池井戸潤「下町ロケット ゴースト」
脚本:丑尾健太郎
演出:福澤克雄、田中健太
音楽:服部隆之
出演:阿部寛、土屋太鳳、竹内涼真、安田顕、徳重聡、和田聰宏、今野浩喜、中本賢、谷田歩、坪倉由幸、馬場徹、朝倉あき、立石涼子、山本圭祐、山田悠介、松川尚瑠輝、菅谷哲也、菅野莉央、原アンナ、ぼくもとさきこ、イモトアヤコ、真矢ミキ、内場勝則、六角精児、岡田浩暉、恵俊彰、池畑慎之介、古舘伊知郎、木下ほうか、山本學、中村梅雀、倍賞美津子、尾上菊之助、立川談春、神田正輝、吉川晃司、杉良太郎
ナレーション:松平定知


なお、今回の脚本に前作の八津弘幸の名前はなく、クレジットされているのは丑尾健太郎のみ。
丑尾健太郎は「小さな巨人」や「ブラックペアン」を書いていたライターさんみたい。


<[新ドラマ] 『下町ロケット』立ちはだかる宿敵!! 最大の危機を乗り越えろ! 10/14(日)スタート!!【TBS】>


で、「下町ロケット」、今回はなにか副題つけないと~。
WOWOW版、TBS版前シリーズ、今作と、同じタイトルの連ドラが3つになっちゃったよ。



なお、明日10/14からは、日テレが「今日から俺は!!」をスタート。10/14 22:30~23:25。
出演:賀来賢人、伊藤健太郎、清野菜名、太賀、矢本悠馬、若月佑美(乃木坂46)、ムロツヨシ、佐藤二朗、吉田鋼太郎
演出は福田雄一。





このほか、2018年10月の気になる番組はこちら↓
・2018年10月の地上波とBSデジタルの気になる番組をチェック
 (https://catalina.blog.so-net.ne.jp/2018-09-25-2


共通テーマ:テレビ