So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

LDプレーヤ PIONEER CLD-HF9G(U1エラー)を直したので修理箇所をメモ [その他雑記]


しばらく前から、ディスクを入れてもウイーン、ンンンンンンン と、ピックアップが上がりきらずU1エラーを出し、LD・CDの再生が出来なくなっていたパイオニアのLD/CDコンパチブルプレーヤ CLD-HF9G。

ケーブルだらけで前には引っ張り出せないアンプを上に重ねていたので、LDプレーヤの修理そのものよりプレーヤをラックから引っ張り出すのが億劫で数年眠らせてたんだけども、もういい加減に修理しとかないとマズイだろって事で、汗だくになりながら引きずり出した。

修理に出すとなると、数万円程度の修理費用は覚悟しないといけないので、その前に自力修理が可能かどうか確認のつもりで開腹したところ、極簡単な作業で直ってしまったので、備忘録として修理箇所をメモ。

※この記事は修理作業を記録したメモです。掲載情報の正確性や安全性等について保証するものではなく、この記事を参考に作業を行ったことにより何らかの損害や事故等が発生したとしても、当方は一切の責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。

↓今回使用した工具。2番のプラスドライバーと、通常あまり使わない様な特殊なビットも入った精密ドライバーのセット。Amazonで880円なり(笑)
 この他、ピンセットとウエットティッシュを用意。
2015-08-02-CLD-HF9G-REPAIR-1.JPG

↓なぜ精密ドライバーセットが必要かというと、このサイドパネルのため。ホントはH2.0じゃないかとも思うんだけど、それだとチョイぶかぶかでなめそうになったのでT8を使ってみた。※このほかは普通のプラスネジ。
2015-08-02-CLD-HF9G-REPAIR-2.JPG

↓オープン。動作をよく観察したところ、今回の故障の原因は緑丸の部分の様だった。グリスの付いた綿ボコリでも巻き込んでしまって動力が伝わらないのか、あるいは摩耗しているのか、とにかくココが滑ってピックアップが上がりきらず、エラーとなっている様子。※写真ではシャーシに固定されていたディスクを押さえるクランパー部品は取り外し済み。
2015-08-02-CLD-HF9G-REPAIR-4.JPG

↓問題箇所の拡大写真。一旦、プーリーのゴムを外し、キレイにクリーニング、また同じように戻す。という極簡単な作業で修理は完了。買ってから20年近くも経っているプレーヤなので、このゴムも伸びたり劣化したりしている可能性もあるけど、まぁ、今回はクリーニングだけで復活出来た。
2015-08-02-CLD-HF9G-REPAIR-5.JPG

↓動いたーっ♪ 本格的にU1エラーの故障となる前から、微妙に調子悪かった両面再生も完璧。
2015-08-02-CLD-HF9G-REPAIR-6.JPG

ということで、直っちゃいましたとさ。

吹替のコメンタリーが収録されている「コンタクト」や「アマデウス」、LD版の吹替が収録されているFOXの洋画、DVDやBDではビスタの上映サイズで収録されてるけどLDではスタンダードの撮影サイズで収録されてる劇場アニメ、LDを最後にそれ以降DVD・BDソフトが国内で出ていない作品等々、なんだかんだでLDプレーヤが必要になる機会もあるので、この復活を機にそうしたタイトルはBD化しなくては。

DVDレコを使ってた時には、レコーダが放送録画に忙しくて「まぁ後でいっかぁ」となってたけど、今度こそやります(笑)




コメント(9) 

コメント 9

日本語吹き替えは放送マスターだと思っていた人

>LDを最後にそれ以降DVD・BDソフトが国内で出ていない作品等々

私は、SF新世紀レンズマン(1984)のブルーレイ化を待ち続けています。
by 日本語吹き替えは放送マスターだと思っていた人 (2015-08-02 10:59) 

くろ

すごい。LDを自力で直そうという発想がなかったのでおどろきました。
我が家のLDも両面再生ができないままだったのですが、
もしかしたら同じようにクリーニングで復活できるかもと
思ってしまいました。
LDで所有のものはほぼDVDやブルーレイで買いな直したのですが、トルナトーレの「みんな元気」がいまだに未発売なので(他にも複数ありますが)、LDも手放せないんですよね。
by くろ (2015-08-02 11:09) 

catalina

>日本語吹き替えは放送マスターだと思っていた人 さん
「レンズマン」は当時劇場で観て、その後レンタルビデオだったかで
1度観てそれっきりで、内容はほぼ記憶にないんですけど、
作画は良かった印象は残ってます。
今のアニメは一部の例外を除いてほぼ確実にソフト化されますけど、
80~90年代のアニメはDVD化すらされていないタイトルが結構ありますね、、、。
自分的には「ペンギンズ・メモリー 幸福物語」あたりをなんとか
出して欲しいなぁと思います。

>くろ さん
反転のし始めや途中で止まるなら、同じ原因の可能性もありますね。
まぁ、自分の場合は完全に動かなくなっていたので、
やってみてお手上げなら修理か中古を購入する前提で試したんですが、
しくじって片面再生すらもNGになったりすると泣くに泣けないので、
修理を試す前に重要度の高いソフトはBDなりDVDにダビングしといた方が
良いかもしれないですね。
by catalina (2015-08-02 13:54) 

かるるん

はじめまして、
うちの同機種も同じ症状が出てかれこれ10年以上・・・
修理に出すか出さないかでずっと悩んでいましたが、
拝見しまして、私もチャレンジしようと決めました。
この年越しはLDプレイヤーの修理をすることとします。

お疲れ様でした、
そして、
ありがとうございます。
成功したらまた連絡させていただきます。

by かるるん (2015-12-27 21:16) 

catalina

>かるるんさん
コメントありがとうございます。

記事に追記はしていないのですが、その後20〜30枚程度の出し入れ・再生を行ったところ、また再びエラーが出始めるようになってしまいました。
現状、再生開始時のスピンアップや逆面再生に失敗する事がある程度で、何回か試すと成功する状態ですが、遠からず、またトレイ開閉すら出来なくなる状態になりそうです。

おそらくゴムベルトが伸びてしまい、滑って動力が伝わりにくくなっているためと思いますので、本格的に直すならこの(かるるんさんがお使いの機体の故障原因がこの部分ならば)ゴムベルトの交換が必要かと思います。

ゴムベルトは代替品でもいけると思いますが、プーリーに糸を巻き付けてマーキングするなどの方法でゴム径を出しても、実際に具合の良いサイズを一発で当てるのは難しいと思いますので、前後のサイズを何種類か用意しておいた方が良いかもしれません。ゴムベルト自体は数十円程度の安いものですし。

とはいえ、ゴムベルト交換はせずとも一時しのぎ程度にはなるかと思いますので、頑張って下さい!
by catalina (2015-12-28 10:05) 

かるるん

お疲れ様です。
コメント追記ありがとうございます。
早速大晦日の今日手を付けました。
1時間ほどの作業で完了しました。
ちなみにゴムは替えませんでしたけどエラーが出なかったので一先ずはこれで様子を見ようかとw
次はゴムも替える方向でと考えております。
色々と参考にさせて頂きました。
ありがとうございました。

あ、どうぞ良いお年を^-^b
ベルト交換時にはまた連絡させていただきます。
ありがとうございました。
by かるるん (2015-12-31 23:45) 

catalina

あけましておめでとうございます。

ゴム交換なしでも動作したとのこと、無事修理できたようでなによりです!
今後同様の不具合が出たとしても、不具合の出ている部分とその直し方が分かっていれば、気分的にだいぶ違いますね。

ウチはまたアンプを上に載せてしまったので、再修理はなかなか億劫ですが、ゴム交換などした場合には記事に追記しようと思います。
by catalina (2016-01-01 08:55) 

お節介焼き

私の経験では、HF9Gに合うゴムベルトは『CDパーツマン』から販売さている「ローディングゴムベルト」Φ30×1.6の、少々キツめのサイズが具合がよろしいようですが、実際は『せんごくネット通販』Φ30×0.95のベルト2本掛けにして(HF9GとHF7Gに)使用しています。
by お節介焼き (2016-03-02 16:31) 

catalina

お節介焼きさん、情報ありがとうございます。
次回修理が必要になった際には、参考にさせていただきます!
by catalina (2016-03-02 18:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

・悪質なサイトへの誘導を含むコメントスパムが多発したため、
 ただいまブログオーナーの承認後にコメントが表示される設定にしています。
 コメント投稿後、すぐには画面に反映されませんのでご了承ください。
・管理人に直接メールを送信したい場合は、こちらのメールフォームからお願いいたします。