So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「プレデター<日本語吹替完声版>コレクターズ・ブルーレイBOX」が届いたー♪ [物欲記念写真]


自分に誕生日プレゼントの第2弾「プレデター<日本語吹替完声版>コレクターズ・ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]」が届いたー♪ので記念写真。※リンクはAmazon

↓BOXオモテ。この作品はDVDのアルティメット版以来買ってなかったので、BDは初めて購入。
2013-12-20-PREDATOR_DUB_BD-1.JPG

↓BOXウラ。
2013-12-20-PREDATOR_DUB_BD-2.JPG

↓台本は玄田版と屋良版の2冊だけども、どちらも薄いのでBOXの厚みは「吹替の帝王」シリーズ最薄。
2013-12-20-PREDATOR_DUB_BD-3.JPG

↓台本の縮刷版とそれぞれの追加収録台本。
2013-12-20-PREDATOR_DUB_BD-4.JPG

↓インナーケースオモテ。
2013-12-20-PREDATOR_DUB_BD-5.JPG

↓インナーケースウラ。
2013-12-20-PREDATOR_DUB_BD-6.JPG

↓中身。インタビュー集ブックレットとレーベル。吹替の帝王シリーズ「ロボコップ」の告知も。
2013-12-20-PREDATOR_DUB_BD-7.JPG

これまでの「吹替の帝王」シリーズ全部に対しての要望になるけども、TV吹替版は5.1ch版の他に、テレビ放送時のモノラル版(ステレオ放送の作品はステレオで)も一緒に入れておいてくれると嬉しいなぁ。

自分がこの類のテレビ吹替を売りにした商品に求める要素のひとつに、テレビで観た洋画劇場の再現という物があって、セリフと爆発音なんかをはじめとする大音量のSEも同じ位のレベルに整えたテレビ的ミックスの音で聴きたい事も有るんだよなぁ。
もちろん、5.1ch版は5.1ch版で良いと思うんだけど、ダイナミックレンジの広いミックスの5.1ch版だと迫力が有りすぎて、かつて洋画劇場で観たものとは別の吹替を聴いている様な気になっちゃう、、、。(あと、原語音声の方も劇場公開時の音声を是非)

それにしても、分厚い「ダイ・ハード」シリーズ3作の後なので、「コマンドー」の時の様なコンパクトさが嬉しいですな。

そして、来年3月5日には4Kマスターで日本語吹替を3種収録するという「ロボコップ ディレクターズ・カット<日本語吹替完全版>コレクターズ・ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]」、
4月25日には日本語吹替3種を収録し、特典として「スピード2」本編を収録するという「スピード<日本語吹替完全版>コレクターズ・ブルーレイBOX[スピード2付] (初回生産限定) [Blu-ray]」が発売に。 どちらも6,800円

それから、まもなくの12/20 23:00からニコニコ生放送で「「コマンドー」「プレデター」吹替完全版発売記念 オレたちの玄田哲章祭」を放送。(http://live.nicovideo.jp/watch/lv161668097




録画地獄:主要メーカーブルーレイメディア Amazon価格一覧
・ブルーレイ新譜--吹替の帝王シリーズ「ロボコップ」「スピード」(スピード2付き)が発売される模様
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2013-12-20-5

コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

・悪質なサイトへの誘導を含むコメントスパムが多発したため、
 ただいまブログオーナーの承認後にコメントが表示される設定にしています。
 コメント投稿後、すぐには画面に反映されませんのでご了承ください。
・管理人に直接メールを送信したい場合は、こちらのメールフォームからお願いいたします。