So-net無料ブログ作成

映画「一万三千人の容疑者」(1966) HDリマスター版は明日4/16夜 CSチャンネルNECO HDでハイビジョン放送--芦田伸介/小山明子/田畑孝/市原悦子/村瀬幸子/岸輝子 [映画]


「一万三千人の容疑者【HDリマスター】」はCSチャンネルNECOで明日4/16放送。
https://www.necoweb.com/neco/program/detail.php?id=4516
1963年に発生、解決まで2年以上を要した稀代の誘拐事件「吉展ちゃん事件」の主任刑事の手記をもとにしたドキュメント・ドラマ。上野に近い入谷町で誘拐事件が発生した。警察は犯人を追うが、50万円の身代金を奪われてしまったうえ、4歳の子供は帰ってこない。非難を浴びた捜査陣は、143人もの刑事を動員して公開捜査へと踏み切る。

ということで、1966年の映画「一万三千人の容疑者」がNECOでハイビジョン放送。


放送は明日2018.4/16 21:05~22:40 CSチャンネルNECOで。
※チャンネルNECO HDではハイビジョン放送
※21:00〜21:05にはこの作品の予告編も放送

監督:関川秀雄
出演:芦田伸介、小山明子、田畑孝、市原悦子、村瀬幸子、岸輝子


公式サイトの番組ページには[TV初]マークがついてるけど、NECOで以前やったことなかったっけ?
HDがTV初ってことだとHDでは[HD初]マークになるはずだけど。

まぁでも、滅多に放送されない作品である事には違いないと思うので、この手の映画がお好きな人は是非!



このほか、2018年4月の気になる番組はこちら↓
・2018年4月の地上波とBSデジタルの気になる番組をチェック
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2018-03-26-1

コメント(0) 

「バーバレラ」吹替版は明日4/15夜 CSザ・シネマで--ジェーン・フォンダ(小原乃梨子)/ジョン・フィリップ・ロー(納谷六朗)/ミロ・オーシャ(島宇志夫)/監督:ロジェ・ヴァディム [映画]


【厳選!吹き替えシネマ】「(吹)バーバレラ」はCSザ・シネマで明日4/15放送。
https://www.thecinema.jp/program/04016
無重力状態で宇宙服を脱ぎ捨てるオープニングを皮切りに、ジェーン・フォンダがエロティックな魅力を惜しみなく発揮。原作のフランスSFコミックの世界観、キッチュな衣装・美術セットが目に楽しい。

<ストーリー>
宇宙暦の紀元4万年。女性宇宙飛行士バーバレラが宇宙空間でバカンスを楽しんでいたところ、地球の大統領から1本の電話が入る。宇宙破壊光線を開発した悪の科学者デュラン・デュランを捕まえるよう命じられた彼女は、宇宙船で捜索することに。磁気嵐に見舞われた彼女はリテオン惑星に不時着し、過酷な拷問に苦しめられる。マーク・ハンドという男にピンチを救われ、バーバレラはデュラン・デュランを追って地下の町へと向かう。

ということで、ザ・シネマ「厳選!吹き替えシネマ」がロジェ・ヴァディムの「バーバレラ」吹替版を放送。


放送は明日2018.4/15 22:45~24:45 CSザ・シネマで。
※ザ・シネマHDではハイビジョン放送

監督:ロジェ・ヴァディム
出演:ジェーン・フォンダ(小原乃梨子)、ジョン・フィリップ・ロー(納谷六朗)、ミロ・オーシャ(島宇志夫)


なお、ザ・シネマでは、「バーバレラ」字幕版も下記のスケジュールで放送。
5/18 08:15~
5/24 15:00~

<Barbarella (1968) Trailer>


ロジェ・ヴァディムといえば、「血とバラ」の国内盤ソフト出してくれないかなぁ、、、。長年待ってるんだけど、、、。



このほか、2018年4月の気になる番組はこちら↓
・2018年4月の地上波とBSデジタルの気になる番組をチェック
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2018-03-26-1
録画地獄:ザ・シネマ放送映画ラインナップ
録画地獄:WOWOW HD放送映画ラインナップ
録画地獄:シネフィルWOWOW/イマジカBSラインナップ
録画地獄:STAR CHANNEL HVラインナップ
録画地獄:NHK BSプレミアム放送映画ラインナップ
録画地獄:日本映画専門チャンネル ラインナップ
録画地獄:ムービープラス放送映画ラインナップ
録画地獄:午後のロードショー ラインナップ
スカパー!厳選69チャンネルを今すぐ!スカパー!簡単申込

コメント(0) 

「ドラキュラ血のしたたり」ハイビジョン放送は明日4/6 シネフィルWOWOWで--ピーター・カッシング/ルーマン・ピーターズ/デニス・プライス/メリー・コリンソン/監督:ジョン・ハフ [映画]


「ドラキュラ血のしたたり」はシネフィルWOWOWで明日4/6放送。
https://www.cinefilwowow.com/program/index.php?prg_cd=CIID180030
英国ホラー映画界の殿堂“ハマー・フィルム”で作られた、エログロ満載の伝説的怪作。邦題と異なりドラキュラは登場しないが、男女の吸血鬼たちが人間と激しい戦いを展開。

<あらすじ>
狂信的な聖職者たち、グスタフらが悪魔や魔女を倒そうと魔女狩りを繰り返す地方の村。そこにグスタフのめいたちで、身寄りを失ったばかりである美しい双子姉妹、マリアとフリーダが引き取られる。行動的なフリーダは城で暮らすカンシュタイン伯爵と知り合いたいと望むが、実は伯爵は悪魔を崇拝し、黒魔術に挑んでいた。それによって現われた先祖である女性吸血鬼ミアカーラに噛まれた伯爵も吸血鬼となり、さらなる惨劇が……。

ということで、1971年のドラキュラ映画「ドラキュラ血のしたたり」をシネフィルWOWOWがハイビジョン放送。


放送は明日2018.4/6 15:30~17:15 シネフィルWOWOWで。
現在予定されているリピート放送は、4/10 04:00~、4/19 06:40~。

監督:ジョン・ハフ
出演:ピーター・カッシング、ルーマン・ピーターズ、デニス・プライス、メリー・コリンソン

<Twins of Evil (1971) - Trailer>


監督は「ヘルハウス」「ダーティ・メリー クレイジー・ラリー」のジョン・ハフ。




このほか、2018年4月の気になる番組はこちら↓
・2018年4月の地上波とBSデジタルの気になる番組をチェック
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2018-03-26-1
録画地獄:シネフィルWOWOW/イマジカBSラインナップ
録画地獄:WOWOW HD放送映画ラインナップ
録画地獄:STAR CHANNEL HVラインナップ
録画地獄:NHK BSプレミアム放送映画ラインナップ
録画地獄:日本映画専門チャンネル ラインナップ
録画地獄:ムービープラス放送映画ラインナップ
録画地獄:ザ・シネマ放送映画ラインナップ
録画地獄:午後のロードショー ラインナップ
スカパー!厳選69チャンネルを今すぐ!スカパー!簡単申込

コメント(0) 

「空の大怪獣ラドン<HDリマスター版>」は明日4/4夜 日本映画専門チャンネルで--【東宝特撮王国】スタート/来週は「宇宙大怪獣ドゴラ<HDリマスター版>」も [映画]


【東宝特撮王国】「空の大怪獣ラドン<HDリマスター版>」はBS/CS日本映画専門チャンネルで明日4/4放送。
https://www.nihon-eiga.com/program/detail/nh00000555.html
東宝特撮を愛する皆様、お待たせいたしました。
あの大人気企画【東宝特撮王国】が約3年ぶりに復活!
しかも今回は、従来の放送用マスターに追加でレストア処理を施し、
<HDリマスター版>として高画質で放送!
各作品の本編放送前には、劇場予告編をハイビジョンでお送りします。

映画人たちの技が凝縮された特殊撮影が生み出す
卓越したイマジネーション、そしてメッセージ性を帯びたストーリーで
観る者を魅了し続ける唯一無二の世界をご堪能ください!

【空の大怪獣ラドン<HDリマスター版>】
『ゴジラ』を手掛けた本多猪四郎と円谷英二の名コンビが手掛ける日本初のカラー怪獣映画。正体不明の飛行物体による航空事故が勃発する。それは阿蘇の地下洞窟に眠る翼竜プテラノドンが水爆の影響で怪獣として甦ったラドンだった。音速で飛ぶラドンの衝撃波は地上のものを破壊し尽くしていく…。ラドンの登場やジェット戦闘機との空中戦には、航空映画を作ることを夢見ていた円谷英二の憧れとこだわりが十二分に盛り込まれている。

ということで、日専の人気企画「東宝特撮王国」が復活。第1弾は「空の大怪獣ラドン<HDリマスター版>」。


放送は明日2018.4/4 21:00~22:40 BS/CS日本映画専門チャンネルで。※本編放送前に劇場予告編つき。

現在予定されているリピート放送は、下記のスケジュールで。
4/06 15:15~
4/08 12:10~
4/18 21:00~
4/25 19:20~
4/28 10:00~

原作:黒沼健
脚本:村田武雄、木村武
監督:本多猪四郎
特技監督:円谷英二
出演:佐原健二、白川由美、平田昭彦、田島義文

<空の大怪獣 ラドン 予告編 東宝 HD版 1956.12.26公開>



なお、現在日本映画専門チャンネル公式サイトでは<HDリマスター版>作成についての作業内容を紹介していた。
https://www.nihon-eiga.com/osusume/t_tokusatsu/
いずれサイトからは消えてしまうと思うので、テキストのみ転載。

--------------------------------------<引用ここから>
<HDリマスター版>とは

今回の放送では、従来の放送用マスターに追加で「再レストア処理」を施してさらに高画質化を実現させた<HDリマスター版>をお届けします!

従来の放送用マスター まだ高画質化できる余地がある

①追加パラ消し:フィルムに付着したほこり(パラ)や、フィルムのキズ消し作業。
②追加スプライス消し:カットとカットの接着痕(スプライス)を消す作業。
③シャープネス作業:元から画像がぼやけている部分、合成部分のフィルムの世代差などでフォーカスが合っていない部分を画像処理。
④アオリ消し:フィルムの劣化による明暗や色のムラを抑える。
⑤フィルムのざらつきの統一:フィルムの種類や世代間が異なる部分のざらつき(粒状性)をできる限り統一。

<HDリマスター版>
①~⑤の作業の中から、マスターの映像状態により必要な作業を選択します。
--------------------------------------<引用ここまで>

と、テレシネやスキャンからはやり直せないけど、既存の放送用マスターに手を入れて良くなりそうなところには手を入れましたという事みたい。

なお、来週4/11 21:00からは「宇宙大怪獣ドゴラ<HDリマスター版>」を放送。


5月放送予定
「フランケンシュタイン対地底怪獣【公開オリジナル版】」<HDリマスター版>(1965年)
「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」<HDリマスター版>(1966年)

6月以降放送予定
「キングコングの逆襲」<HDリマスター版>(1967年)
「妖星ゴラス」<HDリマスター版>(1962年)
「美女と液体人間」<HDリマスター版>(1958年)
「ガス人間第1号」<HDリマスター版>(1960年)
「海底軍艦」<HDリマスター版>(1963年)
「緯度0大作戦」<HDリマスター版>(1969年)
「宇宙大戦争」<HDリマスター版>(1959年)
「地球防衛軍」<HDリマスター版>(1957年)


えと、「電送人間」は!?



このほか、2018年4月の気になる番組はこちら↓
・2018年4月の地上波とBSデジタルの気になる番組をチェック
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2018-03-26-1
録画地獄:日本映画専門チャンネル ラインナップ
録画地獄:WOWOW HD放送映画ラインナップ
録画地獄:シネフィルWOWOW/イマジカBSラインナップ
録画地獄:STAR CHANNEL HVラインナップ
録画地獄:NHK BSプレミアム放送映画ラインナップ
録画地獄:ムービープラス放送映画ラインナップ
録画地獄:ザ・シネマ放送映画ラインナップ
録画地獄:午後のロードショー ラインナップ
スカパー!厳選69チャンネルを今すぐ!スカパー!簡単申込

コメント(0) 

町山智浩セレクト"激レア映画"「サボテンの花」「追跡」「バニー・レークは行方不明」「泳ぐひと」「大反撃」「恐怖」5夜6作連続放送は明日4/2深夜から CSザ・シネマで--町山智浩のVIDEO SHOP UFO [映画]


「町山智浩撰」はCSザ・シネマで明日4/2から5夜連続放送。
 ・サボテンの花(http://www.thecinema.jp/detail/index.php?cinema_id=04055
 ・追跡(http://www.thecinema.jp/detail/index.php?cinema_id=04068
 ・バニー・レークは行方不明(http://www.thecinema.jp/detail/index.php?cinema_id=04056
 ・泳ぐひと(http://www.thecinema.jp/detail/index.php?cinema_id=04044
 ・大反撃(http://www.thecinema.jp/detail/index.php?cinema_id=04057
 ・恐怖(http://www.thecinema.jp/detail/index.php?cinema_id=04067
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000009513.html
映画だけでなくネット配信オリジナル等、次から次へと製作されては消費されていく映像コンテンツ。その一方で、今や見たくても見られない/見づらい状態になってしまっている、忘れられた傑作も数知れず、そのことに寂しさを感じていない映画ファンはいません。
ザ・シネマではそうした作品を“激レア映画”と称して深夜に放送していますが、ついに4月、アメリカ在住の映画評論家 あの町山智浩さんが、満を持してザ・シネマに登場。そうした作品を自ら選定し、ザ・シネマはその放送権6作品分を取得。映画本編の前と後で、町山さんに合計30分弱のしっかりとした映画解説をお願いします。
企画・番組名は、名付けて『町山智浩のVIDEO SHOP UFO(ビデオショップ ユーエフオー)』。圧倒的な知識量で一本の映画の背後に広がる情報の宇宙をナビゲートし、数レベル上の作品理解と知的好奇心の充足感に導いてくれる、そんな町山名解説を、LAからザ・シネマがお届けします。(リリースより:PR TIMES)

ということで、ザ・シネマが町山智浩セレクトの"激レア映画"6作を連続放送。


放送は明日2018.4/2から5日間下記のスケジュールで。 CSザ・シネマ。
※ザ・シネマHDでは全作ハイビジョン放送

4/2 25:45~28:15 サボテンの花【町山智浩撰】(再:4/19、4/25)

4/3 25:00~28:00 追跡【町山智浩撰】(再:4/19、4/24)

4/4 25:30~28:15 バニー・レークは行方不明【町山智浩撰】(再:4/20、4/23)

4/5 25:45~28:00 泳ぐひと【町山智浩撰】(再:4/20、4/24)

4/6 25:30~28:00 大反撃【町山智浩撰】(再:4/20、4/23)
4/6 28:00~30:00 恐怖【町山智浩撰】(再:4/19、4/25)


<町山智浩のVIDEO SHOP UFO ティーザー番宣>

映画本編の前後には、計30分弱だという町山智浩の解説もある様で、ザ・シネマ公式Youtubeチャンネルには各作品の前解説がアップされていた。


ザ・シネマの売りの一つだったと個人的には思ってる地上波吹替版映画は他のチャンネルもやってくれるようになったので、少し前からレア作に力を入れる方向でやってくれるんだろうかね?
とにかく嬉しい企画なので、観て応援!
でもリニューアルされた公式サイト、、あれはイカン、、、しかも重い・゚・(ノД`)・゚・


ちなみに、ザ・シネマでは、「サボテンの花」初回放送のあと4/2 28:15から、スチュアート・ローゼンバーグ監督の本邦初公開コメディだという「MOVE」という作品をを放送。



このほか、2018年4月の気になる番組はこちら↓
・2018年4月の地上波とBSデジタルの気になる番組をチェック
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2018-03-26-1
録画地獄:ザ・シネマ放送映画ラインナップ
録画地獄:WOWOW HD放送映画ラインナップ
録画地獄:シネフィルWOWOW/イマジカBSラインナップ
録画地獄:STAR CHANNEL HVラインナップ
録画地獄:NHK BSプレミアム放送映画ラインナップ
録画地獄:日本映画専門チャンネル ラインナップ
録画地獄:ムービープラス放送映画ラインナップ
録画地獄:午後のロードショー ラインナップ
スカパー!厳選69チャンネルを今すぐ!スカパー!簡単申込

コメント(0)