So-net無料ブログ作成
検索選択

ブルーレイ--出崎統「エースをねらえ!Blu-ray BOX」が届いたので記念写真[BD][Blu-ray] [物欲記念写真]


旧テレビアニメ版「エースをねらえ!Blu-ray BOX(5枚組)」が届いたので記念写真。※リンクはAmazon
昨年暮れの発売日近辺は、年末・年始で何かと物入りだったので、これはちょっと後回しということで遠くにやっちゃってたんだけども、不要品の処分やなんかで臨時収入なんかもあったので3カ月遅れでようやく購入。


↓アウターケースオモテ。BOXやアウターケースというにはいささかチープ過ぎな外箱。なんというか印刷の質感から紙の厚さから、ポッキーの箱みたいな。ていうか、今日日ポッキーだって箔押し位してるしもっと豪華だわ。デザインもなんと言えば良いのか、、、(笑)
2017-03-08-ace_wo_nerae-BD-1.JPG

↓アウターケースウラ。
2017-03-08-ace_wo_nerae-BD-2.JPG

↓いわゆる三方背ではないので、ハコはこの様に上から開けるタイプ。出し入れで絶対ブックレットが傷むので、ウチはアウターケースは空のままにして、ブックレットとインナーケースは出した状態で保管する事にした。
2017-03-08-ace_wo_nerae-BD-3.JPG

↓中身。左からインナーケース、20Pオールカラーブックレット、40P設定資料画集。
2017-03-08-ace_wo_nerae-BD-4.JPG

↓インナーケースウラ。
2017-03-08-ace_wo_nerae-BD-5.JPG

↓インナーケースは、この様に2枚の中トレイが入る5枚組。
2017-03-08-ace_wo_nerae-BD-6.JPG

↓懐かしソフト。左は1997年に出た方の劇場版入りLD-BOXで、最初に出たタカラのLDは未購入。右は2001年発売の方のDVD-BOX。
2017-03-08-ace_wo_nerae-BD-7.JPG

↓DVD-BOXと今回のBD-BOXの背。大幅にコンパクト化。
2017-03-08-ace_wo_nerae-BD-8.JPG

<【公式/アニメ「エースをねらえ!」Blu-ray BOX発売】35mmポジフィルムによるHDリマスター比較映像>

このBDは、"35mmポジフィルムによるHDリマスターを行った"とのこと。(ちなみに2001年版DVDは、35mmのオリジナルネガから16mmプリントを起こしテレシネ)

<画像比較>※期間限定/JPEG圧縮済み/クリックで等倍

↓BD-BOX版
2017-03-08-ace_wo_nerae-BD-SS-BD-1.jpg

↓2013年CSフジテレビTWO放送版
2017-03-08-ace_wo_nerae-BD-SS-CS-1.jpg

↓2001年DVD版
2017-03-08-ace_wo_nerae-BD-SS-DVD-1.jpg

BDと2013年7月のCSフジテレビTWO放送版と比較してみても、モスキートノイズやらのビットレートの違いによる画質差を考慮に入れなければ、同一とは言い切れないまでもかなり近い画質なので、使われたマスターは同じか、この放送版に使われたマスターをブラッシュアップしたものと考えても良いのかも。


それにしてもバンダイビジュアル、BVCポイントの登録をする度、アンケートの発売希望タイトルに「エース2」と「ファイナルステージ」のBD化を!とうったえ続けてたけど、さっぱり音沙汰無いですなぁ、、、。

「ファイナルステージ」なんて長いことプレミア価格になりっぱなしだし、ここらでBD出してくれないものか。



・ブルーレイ「劇場版 エースをねらえ!」(コメンタリー入り新盤)が届いたので記念写真--出崎統/杉野昭夫/BVCポイントプレゼント品
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2016-12-08-3
・ブルーレイ「白鯨伝説 COMPLETE Blu-ray BOX」が届いたので記念写真--原作:出崎統/杉野昭夫
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2016-11-03-3
・「おにいさまへ… COMPLETE Blu-ray BOX」が届いたので記念写真--出崎統/杉野昭夫/池田理代子
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2016-10-03-4
・3枚組サントラCD「ベルサイユのばら 音楽集【完全版】」が届いたので記念写真--馬飼野康二/出崎統/池田理代子<追記>
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2016-06-21-2
・ブルーレイ「ガンバの冒険 Blu-ray BOX」が届いたので記念写真--出崎統/TVシリーズ全話+劇場版2作収録
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2014-12-28-4
・「おにいさまへ…」オリジナル・サウンドトラックCDが届いたので記念写真--羽田健太郎/出崎統/杉野昭夫/池田理代子
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2014-09-24-1
・「ベルサイユのばら Blu-ray BOX」が届いたので記念写真--池田理代子/長浜忠夫/出崎統/荒木伸吾/姫野美智
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2014-09-22-4
・OVA&劇場版ブルーレイBOX「ブラック・ジャック ~Blu-ray BOX~」が届いたー♪--出崎統/杉野昭夫/手塚治虫
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2014-04-17-4
・DVD「ブラック・ジャックFINAL スペシャル・エディション」が届いたー♪
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2011-12-17-5
・出崎統/杉野昭夫「宝島 Blu-ray BOX」が届いたー♪
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2012-01-20-3
・ブルーレイ「コブラ スペースパイレート Blu-ray BOX」が届いたー♪
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2010-08-29-2
・「劇場版 あしたのジョー2」と「劇場版エースをねらえ!」のブルーレイが到着
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2008-09-26-2
・「劇場版エースをねらえ!」のブルーレイをちょこっと見てみた
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2008-09-26-3
・「劇場版あしたのジョー2」のブルーレイをちょこっと見てみた
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2008-09-26-7
・「あしたのジョー2 Blu-ray Disc BOX1」が到着
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2008-10-24
・「あしたのジョー2 Blu-ray Disc BOX1」のブルーレイをちょこっと見てみた
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2008-10-24-2

コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

「みうらじゅん&いとうせいこう ザ・スライドショー 20周年仲良し特集」は明日3/9からWOWOWライブで--全9本放送 [TV番組]


「みうらじゅん&いとうせいこう ザ・スライドショー 20周年仲良し特集」はWOWOWライブで明日3/9から。
http://www.wowow.co.jp/pg_info/wk_new/012208.php
2016年に20周年を迎えた、みうらじゅんといとうせいこうのトークイベント「ザ・スライドショー」の記録映画が2017年2月に公開された。過去作品から8本を放出。

全く新しい笑いのスタイルを見せるのが、2大奇才、いとうせいこう&みうらじゅん、そして忘れてはいけないスライド機(通称スライ)のユニット。みうらが集めてきた日常の中の“笑い”(=バカネタ)を写しとったスライドをもとに、いとうがスピード感のある素早い突っ込みを入れるという形式で、1996年以来毎年開催されているおなじみのライブ。

ということで、WOWOWがザ・スライドショーの20周年を記念し、過去作品から8作品と、昨年放送された「ザ・スライドショー 13」を2週に分けて一挙放送。


放送は明日2017.3/9・3/15 下記のスケジュールで。 WOWOWライブ。

3/09 21:30~23:45 #1 1999年2月16日 渋谷公会堂ライブ
3/09 23:45~01:50 #2 2000年2月10日 渋谷公会堂ライブ
3/09 25:50~27:15 #3 2001年2月8日 渋谷公会堂ライブ
3/09 27:15~29:30 #4 2001年11月17日 日本武道館ライブ

3/15 19:00~21:00 #5 2002年9月27日 ハワイ公演
3/15 21:00~23:00 #6 2005年9月10日 中野サンプラザホール公演
3/15 23:00~01:05 #7 2007年9月25日 渋谷C.C.Lemonホール公演
3/15 25:05~27:20 #8 2012年9月7日 渋谷公会堂ライブ
3/15 27:20~29:30 ザ・スライドショー13 「みうらさん、体育館かよ!」~代々木体育館第二よりリオに愛をこめて

WOWOW
ちなみに、WOWOW新規加入者には、ザ・スライドショー20周年仲良し記念キャンペーンとして、WOWOWオリジナルミニスライド機がもれなくプレゼントされるとのこと。なんだそれ!スゲぇ欲しい!

WOWOW、しょっちゅう新規の契約特典で良さげなものをくれたりするけど、釣った魚にエサはやらないパターンなんだよなぁ、、、。

<みうらじゅんがミニスライド機で遊んでみた。>




このほか、3月の気になる番組はこちら↓
・2017年03月の地上波とBSデジタルの気になる番組をチェック
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2017-02-25-2
WOWOW
録画地獄:WOWOW HD放送映画ラインナップ
録画地獄:STAR CHANNEL HVラインナップ
録画地獄:NHK BSプレミアム放送映画ラインナップ
録画地獄:日本映画専門チャンネル ラインナップ
録画地獄:IMAGICA BS/シネフィル・イマジカ HD放送映画ラインナップ
録画地獄:ムービープラス放送映画ラインナップ
録画地獄:ザ・シネマ放送映画ラインナップ
録画地獄:午後のロードショー ラインナップ

コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

坂元裕二 脚本「それでも、生きてゆく」は明日3/9からCSフジテレビTWOでスタート--瑛太/満島ひかり/時任三郎/大竹しのぶ/風吹ジュン/倉科カナ [ドラマ]


「それでも、生きてゆく」はCSフジテレビTWOで明日3/9スタート。
http://otn.fujitv.co.jp/b_hp/917200038.html
“悲劇を乗り越え希望を見出す家族の物語”で心震える感動を…。
悲しみを背負った双方の家族が、交流を通じて明日への希望を見いだそうとするヒューマンドラマ

湖畔の釣り船屋『ふかみ』。深見洋貴(瑛太)は、ここで父の達彦(柄本明)を手伝いながら暮らしている。翌日は、15年前に亡くした妹、亜季(信太真妃)の誕生日。洋貴は亜季の顔をはっきりと思い出せなくなっていた。そんな時達彦が倒れてしまう。
遠山双葉(満島ひかり)は恋人から別れを告げられて帰宅。双葉の家族は15年前から名字を三崎から母、隆美(風吹ジュン)の旧姓に変えていた。父の駿輔(時任三郎)と祖母だけが三崎を名乗っていたためか、家族は執拗な中傷に追い続けられ、耐え難い現実に双葉は行動を起こす。
達彦は重い病に冒されていた。洋貴が病院から釣り船屋に戻ると見慣れぬ女性、双葉がいた。洋貴は双葉を自殺志願者ではと警戒。空腹を訴える双葉のために洋貴が食料を買い出しに行こうとすると、弟の日垣耕平(田中圭)が車で達彦を連れて来た。達彦は病院を抜け出し、別れた妻、野本響子(大竹しのぶ)に会いに行ったらしい。会わせなかったと言う耕平は、達彦を洋貴に託して帰る。洋貴の家族は15年前の悲劇でバラバラになっていた。
達彦を落ち着かせた洋貴は、双葉とファミリーレストランへ。そこで洋貴は15年前の悲劇…妹の亜季が殺害されたことを話す。犯人は洋貴の友人だった。洋貴がなぜか話す気になった亜季の殺害状況を淡々と語っていると、双葉はいたたまれずに店を出る。亜季を殺したのは双葉の兄、文哉(風間俊介)だった。

ということで、2011年7月期に放送された坂元裕二 脚本の「それでも、生きてゆく」がCS初放送。


放送は明日2017.3/9から月~金曜日 12:10から下記のスケジュールで。 CSフジテレビTWOで2話連続放送。全11話。

3/09 12:10~13:10 #01「禁断の出逢い…」
3/09 13:10~14:00 #02「想い、絶たれて…」

3/10 12:10~13:00 #03「お母さんだから…」
3/10 13:00~13:50 #04「明かされた真実…」

3/13 12:10~13:00 #05「居場所を求めて…」
3/13 13:00~13:50 #06「招かれざる客」

3/16 12:10~13:00 #07「心の闇について…」
3/16 13:00~13:50 #08「それぞれの覚悟」

3/17 12:10~13:00 #09「心はどこにある?」
3/17 13:00~13:50 #10「対決の果てに」

3/21 12:10~13:00 #11「光の方に向かって…」[終]


脚本:坂元裕二
演出:永山耕三、宮本理江子、並木道子
音楽:辻井伸行
主題歌:「東京の空」小田和正
出演:瑛太、満島ひかり、時任三郎、大竹しのぶ、風吹ジュン、倉科カナ ほか


自分が観た事の有る坂元作品の中でも、「Mother」「Woman」にも並ぶハードな話で、クオリティの高い優れたシナリオだったと思える作品なんだけど、もうちょっと音楽の使いどころをひかえて欲しかったなぁとというのが正直なところ。って、何度か書いてると思うけど。
ここはセリフと環境音だけで行った方が!というシーンでも感動的なサントラが流れてきちゃって、、、・゚・(ノД`)・゚・

なお、3/22からは同じく坂本裕二脚本の「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」がスタート。



このほか、3月の気になる番組はこちら↓
・2017年03月の地上波とBSデジタルの気になる番組をチェック
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2017-02-25-2

コメント(0) 
共通テーマ:テレビ