So-net無料ブログ作成

土曜プレミアム「衝撃スクープSP 30年目の真実 ~東京・埼玉連続幼女誘拐殺人犯・宮崎勤の肉声~」は明日10/7夜 フジテレビで--金子ノブアキ/秋元才加/小木茂光/矢柴俊博/遠藤久美子/桜田通/坂本真 [ドラマ]


土曜プレミアム「衝撃スクープSP 30年目の真実 ~東京・埼玉連続幼女誘拐殺人犯・宮崎勤の肉声~」はフジテレビで明日10/7放送。
http://www.fujitv.co.jp/shinjitsu30/index.html
昭和から平成にかけて起きた幼女連続誘拐殺人事件。犯人・宮崎勤元死刑囚が犯行を語る肉声を独占入手。その人物像を覆す音声と実録ドラマで“真相”が明らかに。

昭和と平成をまたいだ史上最悪の事件「東京・埼玉幼女連続誘拐殺人事件」発生から30年目を迎えた今年…フジテレビ報道局が空前のスクープを独占入手!今まで誰の目にも触れることのなかった、宮崎勤元死刑囚の「肉声」を初公開します。そこから見えてきたものは、これまで私たちが持っていたイメージを大きく覆す、宮崎の意外な人物像でした。フジテレビ報道局による関係各所への徹底取材を元に、当時の報道やワイドショーの映像も使用しながら、史上最悪の事件を追う「刑事の戦い」をドキュメンタリードラマ化しました。 宮崎勤とは一体何者だったのでしょうか?部屋には大量のビデオ、雑誌、漫画。“今田勇子”の告白文。「犯行は覚めない夢の中でやった」「ネズミ人間が現れた」「犯行は死んだ祖父を復活させるための儀式」「少女の遺体を焼いて食べた」などの発言…幾度となく精神鑑定が行われ、その一挙手一投足が注目されました。当時の報道・ワイドショーは戦後の犯罪史上類を見ない劇場型犯罪を大々的に報じましたが、彼の本当の姿を知ることはできなかったのです。
「(遺体を)そばに置きたい…そばに置いている間は自分のものになるから。相手にされないから…女性に」(宮崎元死刑囚の肉声より抜粋)
そもそも警察はどのようにして宮崎にたどり着き、そして逮捕することができたのでしょうか?30年という時を経て明らかになる肉声、そして当時の捜査関係者への徹底取材を元にドラマ化することで、誰も知らなかった宮崎勤事件の真実が明かされます!

ということで、宮崎勤事件を追う刑事たちをドキュメンタリードラマ化したという特番が。


放送は明日2017.10/7 21:00~23:10 フジテレビで。


脚本:和田清人
演出;松木創
出演:金子ノブアキ(警視庁捜査一課殺人後係 警部補)、秋元才加(ワイドショーリポーター)、小木茂光(警視庁捜査一課殺人後係係長 警部)、矢柴俊博(警視庁捜査一課殺人後係巡査部長)、遠藤久美子(警部補の妻)、桜田通(ワイドショーディレクター)、坂本真(宮崎勤)、ダンカン(宮崎勤の父親)


事件当時、ワイドショーで繰り返し流された宮崎勤の部屋は再現されるんだろうか?


なお、明後日10/8 21:00からは、同じく衝撃スクープSPとして、「金正男暗殺の真相 ~北朝鮮・史上最大の兄弟ゲンカ全記録~」を放送。


このほか、10月の気になる番組はこちら↓
・2017年10月の地上波とBSデジタルの気になる番組をチェック
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2017-09-25-1

コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

・悪質なサイトへの誘導を含むコメントスパムが多発したため、
 ただいまブログオーナーの承認後にコメントが表示される設定にしています。
 コメント投稿後、すぐには画面に反映されませんのでご了承ください。
・管理人に直接メールを送信したい場合は、こちらのメールフォームからお願いいたします。