So-net無料ブログ作成
検索選択

藤原竜也「そして、誰もいなくなった」は明日3/15から CS日テレプラスでスタート--玉山鉄二/二階堂ふみ/伊野尾慧/おのののか/桜井日奈子/ミムラ/鶴見辰吾/黒木瞳 [ドラマ]


「そして、誰もいなくなった」はCS日テレプラスで明日3/15スタート。
http://www.nitteleplus.com/program/drama/soshitedaremo.html
主演・藤原竜也。最高に最悪なドン底の主人公を熱演!豪華出演者で送る予測不可能な超本格サスペンス!!

容姿端麗、頭脳明晰、家族や友人、恋人にも恵まれ、順風満帆な人生を送っていた "藤堂新一"。
ある日、同姓同名の男"藤堂新一"の逮捕により、新一の人生の歯車が一気に狂い始める…。突如現れた、偽者に"人生を丸ごと乗っ取られ"、次々と押し寄せる不可解な事件の数々。一体、誰が、何のために!?

味方ゼロ
信頼していた仲間の裏切り
登場人物、全員、容疑者。

救いようの無い絶望的状況に陥れられた新一が見えない敵に立ち向かう!!
息つく暇なし!ジェットコースターのようなスリルと衝撃が駆け抜ける!

■ストーリー(第1話より)
藤堂新一(藤原竜也)は、ネット上に拡散した画像などのデータを消去することができる画期的なソフト「ミス・イレイズ」を開発した優秀な研究者だ。結婚を決めた恋人・倉元早苗を母・万紀子(黒木瞳)にも紹介し終えたばかりで、すべてが順風満帆だった――。そんなある日、会社から突然「お前は藤堂新一を名乗って会社に潜り込んだ偽者ではないか?」とあらぬ疑いをかけられる。
会社では、国民一人一人に割り振られた13桁の番号である“パーソナル・ナンバー”の登録が義務付けれられており、そのナンバーの持ち主が数日前婦女暴行事件で逮捕された同姓同名の男・藤堂新一という全く赤の他人のものだと告げられ、新一は身元不明の存在として会社から自宅謹慎を命じられてしまったのだ。総務省に勤める大学時代の友人・小山内保(玉山鉄二)に相談した新一は、自分の存在を証明できるデータがどこにも存在しないことを知らされる。住民票も戸籍も納税記録もなく、「藤堂新一」として出てくるデータはすべて逮捕された「藤堂新一」のものになっていた。いったいどういうことなのか……?
手がかりを探すため、大学時代を過ごした場所であり、ニセ「新一」が逮捕され拘束されているという新潟へ向かった新一は、友人の長崎はるか、斉藤博史らの協力で、自分がパーソナル・ナンバーを乗っ取られる「なりすまし」の被害にあっているのだと知る。そして新一は自ら開発した「ミス・イレイズ」でニセの「新一」の本名とデータを、ネット上で探し当てることに成功。
自分がなりすましの被害にあっているという動かぬ証拠を手に入れた新一は、新潟を後にし、バーテンダー日下瑛治(伊野尾慧)が経営する行きつけのバーで小山内と祝杯をあげる。だが、この先にはまだまだ恐ろしい事態が彼を待ち受けていることを、まだ誰も知る由も無かった――。

ということで、昨年7月期に放送された、藤原竜也主演の「そして、誰もいなくなった」が日テレプラス入り。


放送は明日2017.3/15から月~木曜日 23:00~24:00 CS日テレプラスで。全9話。
※第1話は拡大枠23:00~24:15

現在予定されているリピート放送は、4/12から月~木曜日14:00。


脚本:秦建日子
演出:佐藤東弥、久保田充、田中峰弥
主題歌:クリープハイプ「鬼」
出演:藤原竜也、玉山鉄二、二階堂ふみ、伊野尾慧、志尊淳、今野浩喜、遠藤要、おのののか、桜井日奈子、ミムラ 小市慢太郎、神保悟志、ヒロミ、鶴見辰吾、黒木瞳


地上波の本放送時は、#2に速報テロップが出ちゃってたと思うのでウチはそれだけ録り直し。


ちなみに、ホンモノのと言うか何というか、クリスティを原作とした新作SPドラマ「二夜連続ドラマスペシャル アガサ・クリスティ そして誰もいなくなった」は、3/25・3/26 21:00から地上波テレビ朝日で放送。



このほか、3月の気になる番組はこちら↓
・2017年03月の地上波とBSデジタルの気になる番組をチェック
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2017-02-25-2

コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

・悪質なサイトへの誘導を含むコメントスパムが多発したため、
 ただいまブログオーナーの承認後にコメントが表示される設定にしています。
 コメント投稿後、すぐには画面に反映されませんのでご了承ください。
・管理人に直接メールを送信したい場合は、こちらのメールフォームからお願いいたします。