So-net無料ブログ作成
検索選択

三谷幸喜「エノケソ一代記」は明日3/11夜 WOWOWライブで--市川猿之助/吉田羊/浅野和之/山中崇/水上京香/春海四方 [TV番組]


三谷幸喜「エノケソ一代記」はWOWOWライブで明日3/11放送。
http://www.wowow.co.jp/detail/110184
「真田丸」で日本中を熱狂させた三谷幸喜の注目作!市川猿之助、吉田羊、浅野和之らに加えて三谷本人も24年ぶりに役者として登場!どんな笑いが巻き起こるのか?

2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」で脚本を務めた三谷幸喜だが、その「真田丸」後初の舞台作品を放送する。本作は昭和の喜劇王エノケンこと榎本健一になりすまし、全国巡業した喜劇役者エノケ“ソ”とその一座の物語。舞台となる昭和30年代はテレビが家庭に普及しておらず、エノケンの偽者が各地で出没した。このエノケソもそのひとりという設定。

【ストーリー】
喜劇王エノケンこと榎本健一に心酔する田所(市川猿之助)は、いつしかエノケソを名乗るように。彼は、妻でエノケンの妻の名と同じ読みである希代子(吉田羊)、座付作家で顧問弁護士を自称する菊田一夫ならぬ蟇(ひき)田一夫(浅野和之)、従順な座員の熊吉(春海四方)による「エノケソ一座」を率いて全国を巡業していた。
のぼりやビラには確かに「ソ」と書かれているのだが気付く者はめったにいない。仮に見破られて騒動が起きそうになれば、希代子と蟇田が舌先三寸で仕事の依頼人を言いくるめるか、開き直って次の仕事先へ逃げ去る、そんな日々を送っていた。奔放に各地を行脚するエノケソ。だが、福岡のクラブに出演した際、偶然近くを通りかかった本家エノケンのライバル、古川ロッパ(三谷幸喜)が陣中見舞いに訪ねてきたと聞き、一座に緊張が走る。同じころ、本物のエノケンも大きな試練に見舞われ、それがやがてエノケソの人生を左右することになる。

ということで、昨年11月から上演された三谷幸喜の「エノケソ一代記」がWOWOWに。
WOWOW
放送は明日2017.3/11 20:00~22:15 WOWOWライブで。


作・演出・出演:三谷幸喜
出演:市川猿之助、吉田羊、浅野和之、山中崇、水上京香、春海四方
収録日・場所:2016年12月14日/東京 世田谷パブリックシアター


なお、この番組の直前、3/11 18:00からは「三谷幸喜×劇団東京ヴォードヴィルショー「田茂神家の一族」」が再放送。



このほか、3月の気になる番組はこちら↓
・2017年03月の地上波とBSデジタルの気になる番組をチェック
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2017-02-25-2
WOWOW


コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

・悪質なサイトへの誘導を含むコメントスパムが多発したため、
 ただいまブログオーナーの承認後にコメントが表示される設定にしています。
 コメント投稿後、すぐには画面に反映されませんのでご了承ください。
・管理人に直接メールを送信したい場合は、こちらのメールフォームからお願いいたします。