So-net無料ブログ作成

ブルーレイ--吹替洋画劇場「クレイマー、クレイマー」と「スタンド・バイ・ミー」が届いたので記念写真[BD][Blu-ray] [物欲記念写真]


テレビ放送版吹替を収録した「吹替洋画劇場 『クレイマー、クレイマー』35周年記念 アニバーサリーエディション(初回限定版)」と「吹替洋画劇場 コロンビア映画90周年記念『スタンド・バイ・ミー』デラックスエディション(初回限定版)」が届いたので記念写真。※リンクはAmazon

↓アウターケースオモテ。下3分の1位はオビ。コピーも吹き替え推し。
2014-12-24-Kramer_VS_STAND_BY_ME_DUB_BD-1.JPG

↓アウターケースウラ。全面オビ。
2014-12-24-Kramer_VS_STAND_BY_ME_DUB_BD-2.JPG

↓インナーケースはまた別の柄。
2014-12-24-Kramer_VS_STAND_BY_ME_DUB_BD-3.JPG

↓「クレイマー、クレイマー」レーベル。左がテレビ吹替収録の特典ディスク。ブックレットの類は何も無し。
2014-12-24-Kramer_VS_STAND_BY_ME_DUB_BD-4.JPG

↓「スタンド・バイ・ミー」レーベル。今回のソフトは彩度をおさえたデザインで統一されてますな。
2014-12-24-Kramer_VS_STAND_BY_ME_DUB_BD-5.JPG

今回のソフトのテレビ吹替は、先日買った「ゴーストバスターズ」と同様、吹替のない箇所を字幕対応するのではなく、テレビ放送尺にカットしての収録で、プレーヤのカウンタでは下記の様な尺となっていた。※タイムは吹替声優クレジット含む

<スタンド・バイ・ミー>
 ・ゴールデン洋画劇場版吹替:86分13秒
 ・VHSソフト版吹替:88分48秒

<クレイマー、クレイマー>
 ・水曜ロードショー版吹替:93分29秒

「スタンド・バイ・ミー」はソフト版吹替しか持ってなくて、ゴールデン洋画劇場版が聴いてみたかったので購入。
「クレイマー、クレイマー」は再放送の吹替録画が残っていたけども、BDソフトも欲しいなぁと思ってたので、良い機会だった。

とりあえず「クレイマー、クレイマー」をちょこっと見てみたけど、やっぱ渕崎ゆり子と池田昌子が素晴らしい。
テレビ放送された当時は、改変期の目玉作品のひとつって感じだったなぁたしか。
これは録画して何度も観たのを憶えてる。




コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

・悪質なサイトへの誘導を含むコメントスパムが多発したため、
 ただいまブログオーナーの承認後にコメントが表示される設定にしています。
 コメント投稿後、すぐには画面に反映されませんのでご了承ください。
・管理人に直接メールを送信したい場合は、こちらのメールフォームからお願いいたします。