So-net無料ブログ作成
検索選択

Blu-ray-BOX / DVD-BOX保護袋を、つくる。<2016.6/4追記> [その他雑記]


ブルーレイ・DVDなどのBOX商品は、メーカーにより、薄いフィルムにくるまれたシュリンク包装、BOXに近いサイズの袋(バンダイビジュアルほか)などで包装された状態で販売されていますが、この包装や袋のままでは、長期保存・繰り返しのディスク出し入れなどで傷み、どうしてもみすぼらしくなってくるため、自分でピッタリなサイズの保護袋を作っています。

ブログのBD・DVD-BOXの記念写真記事をご覧いただいた方から、BOXを保護している袋は何を使っているのか?といった質問を何度かいただいているので、記事にしました。

<必要なもの>
OPP袋(厚口)
 (サイズはBOXの大きさによりB5~B4程度が良さそうです。厚口の方がシワになりにくくキレイに出来ます。
  カットしてしまうので、無駄は出ますが大きめでも構いません。)

・透明粘着テープ
 (経年による劣化や糊のはみ出しが少ない、ある程度の品質をもった商品が良さそうです。
  ウチでは入手のしやすさもあり3Mの「透明美色」を使っています)

・その他(カッターナイフ・定規・カッティングマット・ハサミ)
 (OPP袋をカットするために使います。
  カッターを使うので定規は出来れば金属製の物がいいかもしれません。
  カッティングマットは無くても構いませんが、方眼が入っているタイプならば直角を出すのが簡単です)


↓今回は、このBOXに保護袋をつけます。
2014-11-08-OPP-01.jpg

↓B4サイズ12枚入りのOPP袋。近所のダイソーで100円+消費税でした。以前は浅草橋の包装用品店まで買いに行って100枚単位で購入していましたが、最近は100均でも少ない枚数から買えるようになりました。通販でも購入できます。この袋を切ったり貼ったりします。
2014-11-08-OPP-02.jpg

↓最終的にこの様にくるみます。
2014-11-08-OPP-19.jpg

★記事を読みながら作業を進めるのではなく、作業前に一度最後まで記事に目を通しておくと良いかもしれません。


↓まずは、カットする幅を出します。BOXの奥行きと厚みに1cmほど加えたところにマーキングします。慣れてきたら、いきなりハサミで切れ込みを入れても構いません。
※袋の口に近い方をカットする様にしないと、袋を1枚パーにしちゃうので注意します。
2014-11-08-OPP-03.jpg

↓次は、高さと厚みを足し、これも1cmほど余白を付けてマーキングします。
2014-11-08-OPP-04.jpg

↓マーキングをした幅に定規を当てこのようにカットします。
2014-11-08-OPP-06.jpg

↓袋のカットが出来たら、このようにBOXを入れます。コンビニの肉まん的な。
2014-11-08-OPP-07.jpg

↓BOX天面と背面のセンターに袋の折り目がくるように微調整します。ここが曲がったりすると、ピッタリした袋にならないので注意が必要です。
2014-11-08-OPP-08.jpg
2014-11-08-OPP-09.jpg

↓袋の折り目が、BOX天面と背面のセンターからずれると、このように(右端の飛び出した部分)合わせ目がずれてしまうので、テープ止めする前に気が付きます。
2014-11-08-OPP-10.jpg

↓きちんとセンターが出ていれば、このように合わせ目がずれません。
合わせ目がキレイに決まったら、袋がだぶつかないように引っ張りながら、中央の部分をテープ止めします。あらかじめ2~3cmのテープを切っておくと作業が楽です。
2014-11-08-OPP-11.jpg

↓一カ所テープ止めして問題が無さそうなら、残りの部分も貼っていきます。ベロの部分は、内側に折り込む様に畳み三角形にします。
2014-11-08-OPP-12.jpg

↓ベロを貼り付け、底面のテープ止めは完了です。写真ではテープを貼った位置が分かりやすいように、マスキングテープを使いました。
2014-11-08-OPP-13.jpg

↓次は天面のベロも、、、
2014-11-08-OPP-14.jpg
↓底面と同様にテープ止めします。
2014-11-08-OPP-15.jpg

↓次は、ディスクの出し入れをする口の部分を処理します。最初はこのようになっていると思います。
2014-11-08-OPP-16.jpg

↓封をしやすいように、45度の角度に折り目を付けます。
2014-11-08-OPP-17.jpg

↓四カ所とも折り目を付けたら、内側に折りたたみ、封テープをします。テープの端を折っておくと、剥がす時に楽です。
2014-11-08-OPP-18.jpg

↓完成です。
2014-11-08-OPP-19.jpg
2014-11-08-OPP-20.jpg

なお、ピッタリサイズに作るためBOXを袋から取り出すのは非常に困難になります。
オビが巻かれている場合、オビの下のBOXアートが見られなくなったりするので、画像で良い場合は事前に写真を撮ったりスキャンしておくと良いかもしれません。

また、この袋はいわゆる「三方背ケース」と呼ばれる形のBOXに適していますが、取り出しが可能なように少しゆるめに作ることで、お弁当箱や印籠のようにフタがついたBOXやデジパックでも対応できるかと思います。

<2016.6/4 09:43追記>
ディスクの取り出し口の封テープには「3M スコッチ 塗装用マスキングテープ 15mm×18m M40J-15」を使用しています。

袋の作成に使っている「透明美色」を含め、これまで色々な種類の粘着テープを封テープに試したのですが、何度か剥がしているうちに糊がOPP袋側に残ってしまい、ベタベタしたり汚くなったりする物がほとんどで、長期にわたり繰り返しの使用に耐えられる物はほとんど有りませんでしたが、3Mのマスキングテープは、3年(常温・暗所環境下)ほど使っていますが、貼り剥がしを十数回程度繰り返しした場合でも多少粘着力が落ちる程度で、袋側を汚すことはほとんど無い様なので、自分が使ってみた範囲では今のところこれがベストでした。
ちなみに、他社マスキングテープでは糊が残る事があったので、マスキングテープなら何でも良いわけではない様です。

もっと良いテープがあるよという情報をお持ちの方はコメント欄等からご一報下されば幸いです。
※以前、いわゆるセロハンテープのように透明のテープで、繰り返しの貼り剥がしに耐えるテープがあったのですが、商品名やメーカー名も忘れてしまいました。




コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

・悪質なサイトへの誘導を含むコメントスパムが多発したため、
 ただいまブログオーナーの承認後にコメントが表示される設定にしています。
 コメント投稿後、すぐには画面に反映されませんのでご了承ください。
・管理人に直接メールを送信したい場合は、こちらのメールフォームからお願いいたします。