So-net無料ブログ作成

キェシロフスキ「ふたりのベロニカ」「トリコロール ブルーレイBOX」が届いたー♪ [物欲記念写真]


ブルーレイ「ふたりのベロニカ」と「トリコロール ブルーレイBOX」が届いたー♪ので記念写真。※リンクはAmazon

↓BOXとジャケオモテ。
2013-12-21-VERONIQUE_TROIS_COULEURS_BD-01.JPG

↓BOXとジャケウラ。どちらも映像特典は予告編のみ。
2013-12-21-VERONIQUE_TROIS_COULEURS_BD-02.JPG

↓「トリコロール」BOX背。
2013-12-21-VERONIQUE_TROIS_COULEURS_BD-03.JPG

↓「トリコロール」インナーケース背。
2013-12-21-VERONIQUE_TROIS_COULEURS_BD-04.JPG

↓「トリコロール」インナーケースオモテ。
2013-12-21-VERONIQUE_TROIS_COULEURS_BD-05.JPG

↓「トリコロール」インナーケースウラ。
2013-12-21-VERONIQUE_TROIS_COULEURS_BD-06.JPG

↓「トリコロール」レーベル。ブックレットの類は無し。
2013-12-21-VERONIQUE_TROIS_COULEURS_BD-07.JPG

↓「ふたりのベロニカ」レーベル。こちらもブックレットは無し。
2013-12-21-VERONIQUE_TROIS_COULEURS_BD-08.JPG

ざっと飛ばし飛ばしで再生をしてみたところ、「ふたりのベロニカ」はヨーロピアンビスタで、2008年1月のBSフジ、2009年5月のムービープラスHD、2010年8月のザ・シネマHD放送版とマスターは同じ物を使っているみたい。
まぁ、DTS-HDMAの5.1ch音声が入ってたり、放送版よりいくらか字幕が小さく細くなっているので、そこら辺に価値を見いだせるファンの人ならハイビジョン放送を録画していても買う価値は有るかも。

そして、「トリコロール」は3作とも天地に僅かな黒みのあるアメリカンビスタ。
どの作品も2011年10月のザ・シネマHD放送版(16:9フルフレーム)とは別のマスターを使っている様で、白飛び・黒つぶれのひどかったザ・シネマ放送版と比較すると、発色、解像感ともに見違えるほどのクオリティ。
また、ザ・シネマ放送版とこのBD版では画角も多少異なっていて、確認をしたカットの範囲では、BD版の方が寄ったトリミングになっている事が多いみたい。



録画地獄:主要メーカーブルーレイメディア Amazon価格一覧

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

・悪質なサイトへの誘導を含むコメントスパムが多発したため、
 ただいまブログオーナーの承認後にコメントが表示される設定にしています。
 コメント投稿後、すぐには画面に反映されませんのでご了承ください。
・管理人に直接メールを送信したい場合は、こちらのメールフォームからお願いいたします。