So-net無料ブログ作成

ロマン・ポランスキー「赤い航路」「ナインスゲート」のブルーレイが届いたー♪ [物欲記念写真]


赤い航路」と「ナインスゲート ―デジタル・レストア・バージョン―」のブルーレイが届いたー♪ので記念写真。※リンクはAmazon

↓「戦場のピアニスト」に続くポランスキー作品のBD化。「ナインスゲート」はいきなりの廉価版で実売2000円を切ってるけど、「赤い航路」はそこそこ強気なお値段、、、。
polanski_20110624-01.jpg

↓「赤い航路」初版DVDとBDのジャケウラ。両者の本編尺が違うのはDVDがPALマスターを使用していたためと思われる。
polanski_20110624-02.jpg

↓「ナインスゲート」の初版DVDとBDのジャケウラ。
polanski_20110624-03.jpg

↓BD版のレーベル。ブックレット的なモノは何も無し。
polanski_20110624-04.jpg

↓「赤い航路」BDのスクリーンショットその1
bittermoon-1.jpg

↓「赤い航路」BDのスクリーンショットその2
bittermoon-2.jpg

↓「ナインスゲート」BDのスクリーンショットその1
9thgate-1.jpg

↓「ナインスゲート」BDのスクリーンショットその2
9thgate-2.jpg

想像してたとおり、どちらももう一頑張り欲しい画質(笑)

「赤い航路」のBDは残念ながら1080i収録。
BDとCSザ・シネマHDの録画を比較したところ、画質の傾向だけでなく、トリミングサイズや(ちょっと下寄りな)ビスタのマスク位置などが同じだったので、同一マスターと考えても良さそうな感じ。ちなみに音はLPCM。

「ナインスゲート」のBDは、音声がDTS-HD MAの英語のみで、DVDに収録されていた日本語吹替と、コメンタリー、音楽トラックがオミット。悲しす。こちらはAVCの1080p。
あとシネスコの左右をぶった切って16:9にトリミングされてしまっていた。

しかし、BD化されたのがようやく3作品と、ポランスキー作品はいまいちBD化に恵まれてない感じですなぁ。
国内DVD化がスルーされ続けてる「テナント」とか「マクベス」とかの事を考えると、、、、(´ヘ`;)


↓関係ないけど、今日の昼は35℃をマーク。ただ、ぬるいながらも風が吹いているので結構平気。
temp.jpg



コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 0

コメントの受付は締め切りました